2016年04月05日

Vol 479 顧問先部長



【顧問先部長】
顧問先のS社は建築系の仕事をしています。
ここに、部長のIさん(30歳代)男性がいます。

この会社との付き合いも、もう5年以上になります。

I部長の言動が、会社を左右するといっても過言ではありません。

ここ半年ほどで、(やっとといっていいのか???)Iさんに変化が起きています。

それは、「自分は会社でNO2なんだ。現場の運営は自分がやらないといけない!」という自覚です。

いつもは、訪問して会社で話をするのですが気分を変えようということで2人で呑みに出かけました。

その会話のなかで「私はこれができるようになったと思うのですがどうですか?」
「社内で不足しいる点はこれだと思うのですがどう思います?」なんてことが出てきたのです。
今までは、完全に受け身だった彼から!

とっても嬉しいことです。

かなり時間が掛かりましたが、大きな一歩になっていると思っています。



同じカテゴリー(2006年から毎週書いてます!)の記事画像
大阪環状線でめぐった想い
同じカテゴリー(2006年から毎週書いてます!)の記事
 大阪環状線でめぐった想い (2016-04-28 10:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
この記事どうだった?